スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Brack Whirlwind」

タイトルは日本語訳で「黒い旋風」です。

タイトルを見ただけでこれから書くことがわかったら「おい、デュエルしろよ」






今日、遊戯王の公認大会に友達3人と行ってきました。

持参デッキはボードン軸【ディフォーマー】にサイバードラゴンを投入したもの。

エクストラデッキにフォートレスを忍ばせてあるので、大量展開から融合するのが理想。

登録を済ませて、待つこと数十分。

店員のお兄さんの元気な声で大会が開始。


観戦しながら、みんなで自分の番を待つ。

しばらくもしないうちに、鬼畜デッキを使う友人の番に。

その試合を観戦しつつ、自分達の番を待つ。

またしばらくもしないうちに、枚数フルデッキの友人の順番。

そのデッキの事故を見届けつつ、自分達の番を待つ。

またまたしばらくもしないうちに、カオスデッキの友人の順に。

その友人の構築力の高さに驚きつつ、自分の番を待つ。

しばらくして、最初に行った友人がまた戦場へ……

あれ? 俺の番マダー?

……。









1番最後のシードってどういうことよ

(店員のお兄さんの話だと、人数平均32名の試合に今日は50数人集まったそうです。
 1回戦の全試合に割り込む形で、1本ずつ線が引かれてました。)


そして、自分の順番が。

相手は、おとなしめのお兄さん。

さぁ、ボードン軸ディフォーマーの力見せてやんよ!


一戦目 ×

BF……だと……?
モバホンを早々に引いて展開を試みるも、シンクロ召喚されたモンスターに蹴散らされ敗北

二戦目 ×

サイドデッキ持ってくるべきだったかorz
モバホンどころかワンフォーワンすら引けず、トリシューラでなけなしのモンスターさえ除去されフィニッシュ。



結果、一勝もできず敗退。

相手の人は常連さんだったらしい。勉強になりました、ありがとうございます。



そして、結局全員参加賞をもらって帰りました。(でも、猛者だらけの中で3勝した鬼畜デッキの友人はすごいと思う)


また皆で参加したいねぇ。
プロフィール

リュー(科学)

Author:リュー(科学)
リューまたは科学と名乗ってたりしたりしなかったり
まぁ、気まぐれです・゚・(Д`(⊂(゚Д゚ つ⌒

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。